cat0116-066

最近庭に猫のふんが増えた、車の下に猫のふんがあったなど、猫のふんに悩んでいる人も少なくありません。

野良猫は、いつ庭に入ってくるか分かりませんので注意する必要があります。

このような、猫のふんを回避するにはどうすれば良いのでしょうか?

猫が嫌がる音

猫のふんで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

いつ猫が庭に入ってくるか分かりませんので、ずっと監視しておくこともできません。

猫のふんを回避するには、テリトリー内から猫を追い出せば良いのです。

その方法の1つが「音」です。

猫が嫌がる音を聞かせれば良いのです。

最近は様々な猫よけグッズがあり、その中に猫が嫌う音を出すマシンがあります。

このマシンは、猫がテリトリーに近づくと猫の嫌う音を発してくれます。

マシンによって音や大きさが異なりますが、毎日使うことで効果を期待できます。

マシンから出る音は高音ですが、この音は若い人にとってとてもうるさい音です。

マシン自体は高くありませんが、継続的な効果が期待できます。

しかし他の人に反応することもありますので、設置場所に注意する必要があります。

とげマット

猫のふんを回避するには、とげマットもおすすめです。

承知の通り、猫はそれぞれ縄張り意識が強く、その縄張りの中にふんをします。

皆さんの庭が縄張り内にあるのであれば、そこにとげマット設置してください。

とげマットはホームセンターやスーパーなどで売っていますので、一度確認しておくと良いでしょう。

このとげマットを置くと、猫がそのシートがある場所に入って来なくなります。

効果を期待できますので、一度利用してみると良いでしょう。

テリトリーの範囲が広い時はふんをする場所を調べ、できる限りふんの多い場所に設置してください。

このように猫の進路を妨害することでトラブルを回避できます。

野良猫の被害も様々ですが、その中でふんの被害に悩む人は少なくありません。

猫のふんは結構臭いますので、苦手な人も多いはずです。

猫のふんを回避する方法は色々ありますので、その中から最適な方法を選択すると良いでしょう。

猫は爪を研ぐ?

猫が爪を研ぐのは昔狩りをしていたころのなごりのようです。

ものを引っかいたりすることで、古い爪を取り去って新しい爪をとがらせているようです。

こうする事によって動物や鳥をしっかり捕まえる事が出来るように手入れしているんですね。

また、爪痕や、前足の汗のにおいで縄張りを示しているという説もあるようです。

更に猫の特徴としては、狭いところに入るというのをご存じの方も多いのではないでしょうか。

ビニール袋とか、大き目の筒とかがあるといつの間にか入っていたりしますよね。

猫は誰にも邪魔されない場所をにいるのが好きな動物で、暗くて狭いところが大好きです。

ゆっくり昼寝を楽しんでいたりするので、あんまり邪魔してあげないでくださいね。

ただし、ビニール袋や紙などは食べないように気を付けておく必要があります。