cat0116-066

野良猫の被害に遭っている方も少なくありません。

「庭が荒らされた」、「車が傷ついた」、「ふんの臭いがきつい」など様々なトラブルがあります。

このような猫の被害を回避するには、猫よけ対策をしっかり行う必要があります。

猫よけ対策を行う時の注意点を見てみましょう。

様々なトラブル

各地域で発生する猫トラブルで最も多いのが、庭荒らしや排泄の問題です。

また車を保有している人の中には、車が傷つけられることもあります。

猫をペットとして飼っている方も多いと思いますが、このような状態が続くと、いくら猫好きな方でも嫌になります。

また猫が大嫌いな方にとっては、猫に対する憎悪感が大きくなることも考えられますので注意が必要です。

このような野良猫の被害から守るためには、猫よけ対策をしっかり行う必要があります。

理想な方法は地域住民が協力して行うことですが、それぞれ事情もありますのでやはり限界が出てきます。

そのためトラブルが多いところは、自分で対策を施す必要があるでしょう。

猫が嫌がること

猫よけ対策の方法は様々ですが、大切なことはそこに来ることを嫌がらせることです。

もう二度とここに来たくないと猫が思ってくれれば、野良猫被害を軽減できます。

猫が庭に来ないようにするには、その場所に来ると嫌に感じる方法、要するに猫の居心地感を悪くすれば良いのです。

例えば猫が良く通る通路に植木鉢などの障害物を置いたり、ネット通販などで売られている対策グッズをその場所に置いたりするだけでも違います。

また猫が家の庭に馴れる前に、模様替えを小まめに行うのも良いと思います。

猫が良く通る道を観察して、その場所に様々な猫よけ対策を施せば野良猫の被害を防ぐことができます。

野良猫の被害から家を守るには、しっかり対策を行う必要があります。

対策を行う時は猫の通り道を確認するなど、猫がどのような行動を取っているのかを確認しておくと良いでしょう。

そうすることで被害を最小限に抑えることができます。

猫が居ついてしまうと

以前、筆者の家にも猫が居ついてしまうことがありました。

猫の糞尿の匂いは強烈で、何とかできないものかと苦労した記憶があります。

猫は場所を決めるとなかなか移動してくれません。

こちらのページにいらした方は、何かしら猫の被害にあっている方だと思います。

確実に猫を追い払うには、やはり現状では超音波が一番のようです。